マッチングアプリ付き合うまでの期間やデート回数などポイントを攻略

マッチングアプリって、、、


付き合うまでってどれくらい?
デート回数は何回くらいするもの?

って気になりませんか?その気持ちわかります。

早すぎると必死っぽいし、遅いのも焦れったい。周りが気になるギモンですよね。

そこで当サイトでアンケートを取ってみました。

↓結果がこちら。

マッチングアプリで付き合うまでどれくらいかかりましたか?

結果を見る

Loading ... Loading ...

マッチングアプリで付き合うまで何回デートしましたか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
結論を言いますと大体3ヶ月、デート回数は5回というのが最多です。

それではさらに詳しく説明していきます。

マッチングアプリで付き合うまでの流れ

マッチングアプリにいくら登録してもそれだけでは何にもなりません。後にも先にも出会わなければそこから先には進めませんよね。

ですからまず最初にマッチングアプリに登録してから一般的な出会いまでの流れを見てみましょう。

マッチングアプリ使用での一般的な流れとしては、まず検索してプロフィールを見て気に入った人がいたら「いいね」を送ります。「いいね」はメッセージを送る許可のようなものなので、必須です。

相手からも「いいね」があればメッセージを送れるようになります。通常双方「いいね」でマッチングが成立します。こうしてメッセージのやり取りが始まります。会う前のメッセージ交換は大切です。

この段階で相手のガイドラインが見えてくるからです。相手が出会いに何を求めているのか、どんな付き合いがしたいのか、真面目度はどのくらいかなどを見ていきます。

次のステップがLINEのID交換です。LINEでのメッセージのやり取りの方がし易いと思う人も多いので、LINEを通してもう少し相手を知ることにもなります。たまにLINEを使っていない男性もいますので、LINE交換せずにいきなりデートに誘われるケースもあります。

以上が出会うまでのプロセスですが、マッチングアプリではこのプロセスを複数の相手と同時進行していくのが普通です。

よく1人に絞らなければいけないと思っている人もいますが、出会うまでの段階では一人に絞る必要はありません。マッチングアプリでメッセージのやり取りで複数同時進行は当たり前と思っていた方がいいでしょう。

付き合うまでの期間は2ヶ月がめやす

マッチングアプリで出会って婚活でも恋活でも正式に付き合うまでの回数や時間の目安を見てみましょう。

マッチングアプリでは出会っていきなりお付き合いが始まるわけではありません。ここが普通の出会いと違う点ですね。自然な出会いでは仕事や趣味を通して身近に気になる人が現われ、お互いに興味があればお付き合いに発展します。もうデートする段階で付き合うことは決っています。

マッチングアプリでは何度かデートをしてその後で付き合うかどうかを決めるのが定番です。大体デートを始めてから遅くとも2ヶ月くらいで交際を決めるのが平均的です。

2~3ヶ月の間で最低でも5回くらいのデートで決めるのが自然の流れです。それ以上時間をかけても発展もなく次のステップにも行きづらくなります。

たまにすごく意気投合して1回会っただけで付き合うことを決めるというケースもあります。難しく考えずに自分の気持ちに従うのがベターです。

付き合うことを決める際のポイント

仕事や趣味を通しての自然な出会いと違ってマッチングアプリでは最初に全く見ず知らずの人と会うわけです。ここでは何度か出会って付き合いを決める場合のポイントをご紹介します。

まず最初の出会いで楽しい時間が過ごせたら言うことはありません。一番のチェックポイントはフィーリングです。相手とのフィーリングが合うかどうかは大抵は最初にわかるものです。

同じ趣味を持っているということはそれだけ一緒に楽しめるということですから、これも外せないチェックポイントとなります。

自分が求めているものと相手が求めているものが同じであることも重要なポイントといえます。お互いが求めているものが違うケースでは、1人が最終的には結婚まで考えているのに対しもう一方が単なる恋活や友達付き合い希望ということであれば到達地点が違うのでうまくいくはずがありません。

告白は男女どちらからでもこだわらないで

マッチングアプリでの出会いに限ったことではありませんが、男女が付き合いを始めるのにどちらから言ってもOKです。

何回か会って相手が気に入ってお付き合いしたいという場合は、そう思っている方が男女の性別に関係なく相手に意思表示をすべきですね。

会っているのが1人だけでなかった場合には、尻込みしている間に他の誰かに先を越されてしまうというケースもあります。

ですから付き合いたいと思ったら臆することなく相手にそれを伝えましょう。断られたらまた他の相手にチャレンジすればいいのです。この点を踏まえて前項で最初は1人に絞らないことをおすすめしているのです。

出会いが活かせなかった例と対処法

マッチングアプリを通してせっかく出会うところまでは行ったのに、その出会いが活かせなかったケースの原因ととるべき対処法を見てみましょう。相手が気に入らなかった場合は除いて、気に入っていたのに付き合いまで行かれなかったケースです。

*気に入っていたのにどちらも押さずにいつのまにか立ち消えになる:双方が相手が出るのを待っていてチャンスを逃してしまうケースです。⇒何らかの意思表示をする(自分の気持ちを伝えられなければ相手の気持ちを聞いてみる)

*付き合いたいと言い出せない:男性が奥手のために付き合いたいといえないケースがあります。⇒もし相手が気に入ったのなら臆することなく女性からでも「付き合いましょう」といってください。

*選択肢が多すぎる:あまりに出会う人が多くて選択肢を広げすぎてしまうと目移りがして絞れなくなることがあります。必ずしも多ければ多いほどいいというものではありません。⇒あの人もこの人もではなく自分が一度に管理できる範囲で選択しましょう。

付き合いに発展しやすい3つのポイント

たとえ会う前にメッセージのやり取りをしているとはいえ、会う相手は見ず知らずの初めての人です。ですから1回目のデートはとても大切です。

最初の出会い如何で次に行くかどうかが決るといっても言い過ぎではありません。ここではその後の付き合いに発展しやすいのはどんなデートなのかを見てみましょう。

もっと貴女のことを知りたいと思わせたらしめたもの

だんまりもしゃべり過ぎもNGですよ。正直にほどほどにしゃべって、もう少し聞きたいなと思わせる会話で相手を惹きつけましょう。

趣味が同じだったら付き合う可能性大

好きなことが同じだったら一緒に楽しめるので、付き合う条件としては最高です。映画鑑賞・ダンス・スポーツ観戦・食べ歩き・テニスetc 最初は話だけですけれど、流れとしては必ず次回は一緒にやりましょうということになります。

聞き上手になりましょう

人との付き合いで聞き上手の人は信頼されやすいのです。人は誰でも自分の話を聞いてもらいたいものです。相手に興味を持って心から楽しんで話を聞くようにしてください。相手は話を聞いてもらえる気分のよさが味わいたくて付き合いたいと思うはずです。

まとめ

マッチングアプリの利点は、普通の日常の生活では出会えないような人と出会える点です。

どのアプリでも例えば最初の検索で年代と地域の指定で何百人と出てきます。余程のむずかしい条件を提示しない限りは必ず何人にも会えてそこから付き合いに発展させるのがマッチングアプリです。

普段出会えないような人との出会いを楽しんでそこから本当に付き合う相手を探してください。


このサイトの使い方

ランキング比較表

アプリ オススメ度 安全性 会員数 主な年齢層 特徴
タップル誕生
DL/レビュー
98点
200万人 20代~ 恋活メイン
ペアーズ
DL/レビュー
96点
600万人 20代~ 婚活&恋活
ウィズ
DL/レビュー
93点
20代~ 婚活メイン
オミアイ
DL/レビュー
88点
250万人 30代 恋活/婚活
ティンダー
レビュー
78点
20代 恋活
mimi
DL/レビュー
77点
20代 恋活
Yahoo!パートナー
レビュー
69点
490万人 30代〜 恋活/婚活
ゼクシィ恋結び
DL/レビュー
65点
20代~ 恋活
PCMAX
DL/レビュー
55点
1,000万人 30代〜 出会い
アダルトOK
ハッピーメール
DL/レビュー
54点
1,600万人 30代〜 出会い
アダルトOK
1位.タップル誕生
ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
2位.ペアーズ
ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
3位.ウィズ
ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
4位.オミアイ
ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
5位.ティンダー
┣ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
7位.Yahoo!パートナー
┣ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
8位.ゼクシィ恋結び
ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
10位.ハッピーメール
ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談