出会いが欲しい大学生におすすめなマッチングアプリ4つ

大学生になって周囲の友人たちに次々と恋人ができ始めたという人は多いことでしょう。

キャンパスライフを充実させるために、大学生のうちに素敵な彼氏をゲットしておきたいですよね。

自分から行動しないと、いい出会いは訪れません。

しかし、サークル活動や合コンに参加してもいい出会いが見つからないという人もいるのではないでしょうか。

そこで、サークルや合コンなどでいい出会いが見つからない女子大生向けのマッチングアプリを4つご紹介します。

大学生がマッチングアプリで恋活するメリット

合コンや学生限定の恋活イベントなどに参加すれば恋人を作るきかっけになります。

しかし、合コンや恋活イベントではどうしてもかわいい子や美人に人気が集中しがちです。そのため、参加するには敷居が高いと感じる人もいることでしょう。

また、合コンやイベントに必ずしも好みの男性が来るとは限りません。

その点、マッチングアプリならプロフィールをチェックして自分の好みの人を探してコンタクトをとれる点が魅力です。

大学生以外の恋人が欲しい人にもおすすめ

同じ大学の中で彼氏を探そうとすると、彼氏候補は同じ学生である場合がほとんどです。

年上の彼氏が欲しい場合、必然的にサークルの先輩やゼミの先輩を狙うことになります。

しかし、同じ大学での恋活となると周囲は全員学生です。女子大生であるという条件はみんな同じなので、年齢が若いことが有利に働くことはありません。

その点、マッチングアプリを利用すれば女子大生であることが大きなイニシアチブになります。

女子大生と交流するきっかけを求めている男性はたくさんいます。

マッチングアプリを使えば他校の大学生と出会うこともできますし、普段は出会う機会がない社会人や年上の男性との出会いも期待できます。

色々な人がマッチングアプリに登録しているので、出会いの幅が広がります。

1.相性診断で相手を選べる「with」

withが他のマッチングアプリと一線を画している点は、メンタリストDaigo監修の心理テストや相性診断をマッチングに取り入れている点です。

簡単な質問に答えていくだけで、自分と相性のいい男性がわかります。

心理テストの診断結果やマッチング相手がどんな好みを持っている人物なのかを、いつでも簡単にチェックできるのでメッセージのやりとりが弾みやすい仕組みになっています。

20代のユーザーがメイン

withのユーザーは20代がメインです。男女ともに18歳~24歳の利用が最も多いので、大学生や年が近い相手と出会いたい人におすすめ。

また、30代の男性ユーザーの割合は全体の約24%となっており、30代の男性との出会いのチャンスもあります。

登録するには身分証での年齢認証が必要なため、年齢を偽っている人とマッチングする心配がない点もwithが大学生におすすめな理由です。
 

2.大学生の利用が多い「タップル誕生」

タップルは最初に趣味をいくつか選んで、同じ趣味を持っている人を探せるマッチングアプリです。

見た目だけでなく共通の趣味を起点にして相手を探せる点がおすすめの理由です。

共通の趣味から話題を探せるので仲良くなりやすく、異性の友達探しアプリとしても優秀です。

タップルの累計マッチング数は2,500万組以上と、マッチングのしやすさにも定評があります。

ユーザーの写真やプロフィールを確認後「いいかも!」あるいは「いまいち」の2択を選ぶだけのシンプルさが魅力。

20代前半の男性が約70%

タップルのユーザーは20~24歳の若年層が最も多く、男性会員の約70%が20代前半です。

そのため、同じ年か1~2個上くらいの男性と付き合いたいならタップルをおすすめします。

まずは気が合いそうな相手とたくさんマッチングして、徐々に恋愛へと発展させましょう。

3.学割ありなすれ違いアプリ「クロスミー」

クロスミーはリリースされてまだ1年半の新しいマッチングアプリです。

クロスミーのコンセプトはすれ違いをきっかけにした出会い。スマホのGPSを使って近くにいる相手とマッチングできるシステムが採用されています。

すれ違う範囲や時間帯の設定が可能なため、学校や自宅の近くではすれ違わない設定にしておくと安心です。

クロスミーユーザーとどこですれ違ったかわかる仕組みになっているので、他大学へ遊びに出かけてすれ違いを狙っても面白いです。

また、すれ違い機能だけでなく、住んでる地域や年齢などでしぼって相手を検索することもできます。

年齢層は20~30代が多い

 

クロスミーは免許証や身分証を提示して年齢認証をするシステムとなっているため、安全に利用しやすいアプリです。

また、マッチングアプリにしては珍しく料金の学割があり、男子大学生も使いやすいマッチングアプリとなっています。ちなみに、女性は完全無料です。

4.自分好みの相手だけとやりとりできる「poiboy」

poiboyは女性にポイ(お気に入り登録)してもらうまで男性は一切何もできない一風変わったアプリです。

ユーザーは顔写真の登録が必須で、女性ユーザーは男性ユーザーの顔写真を見てポイするかどうか決めます。

好みの男性をポイしてメッセージを送れば、相手もメッセージを返せるようになります。

一般的なマッチングアプリでは、若い女性ユーザーには「いいね」が殺到しやすく、どの男性を選んだらいいかわからないという事態に陥りがちです。

しかし、poiboyのシステムなら自分の好みの人以外からメッセージが来ることはありません。

10代後半~20代前半がメイン

poiboyは10代後半~20代前半のユーザーがメインです。

男性よりも女性ユーザーの方が多いことも大きな特徴のひとつ。

ポイされる数が多い男性ユーザーほどたくさんの女性とマッチングしやすいため、イケメンを狙うほど競争率が高くなる傾向があります。

真面目に恋愛しにくいマッチングアプリもある

マッチングアプリは色々な出会いを求める人々が利用していることがポイントです。

真面目な恋愛を目的としていない男性が登録している可能性も考えながら利用しましょう。

Tinderを使うときは相手をよく見極めて

男性が有料のマッチングアプリが多い中、Tinderは男女ともに無料でメッセージ交換ができます。

有料プランもありますが、月額料金が1,100~1,700円と他のマッチングアプリに比べて半額近く安いことが特徴。

基本的な機能の使用にお金がかからないため有料登録していない男性も多く、マッチングアプリにお金をかけたくない男性が多く活用しています。

若い女性と関係を持ちたがっている男性は多いです。そのため、Tinderに登録すると遊び目的で女子大生と出会いたい男性から、さばききれないほどたくさんのメッセージが届くことがあります。

中には真面目な恋愛を目的としてメッセージをくれる相手もいることでしょう。

しかし、たくさんのアプローチの中から彼氏候補を探し出す手間が多く、いい出会いを見つけにくいと考えられます。

Tinderのフェイスブック連携は危険

Tinderのフェイスブック連携機能は、フェイスブック上の知人を除外してくれません。そのため、知り合いにマッチングアプリを使っていることがバレる危険があります。

また、フェイスブック上に共通の知人がいた場合、共通の知人の情報が表示されるためフェイスブック上で友人をたどっていけば簡単に身元がわかってしまいます。

もし、知り合いにはマッチングアプリを使っていることを秘密にしたいと考えているなら、Tinderを使うことはおすすめしません。

逆に、フェイスブックの知り合いも積極的に恋活の対象として取り入れていきたいと考えるならおすすめです。

マッチングアプリで彼氏探しを楽しもう

マッチングアプリは見知らぬ相手と知り合いになれるため出会いの幅を広げられます。

同じ大学で彼氏ができそうにない場合や、近くに出会いが見つからないという場合はマッチングアプリを活用してみてはいかがでしょうか。


このサイトの使い方

ランキング比較表

アプリ オススメ度 安全性 会員数 主な年齢層 特徴
タップル誕生
DL/レビュー
98点
200万人 20代~ 恋活メイン
ペアーズ
DL/レビュー
96点
600万人 20代~ 婚活&恋活
ウィズ
DL/レビュー
93点
20代~ 婚活メイン
オミアイ
DL/レビュー
88点
250万人 30代 恋活/婚活
ティンダー
レビュー
78点
20代 恋活
mimi
DL/レビュー
77点
20代 恋活
Yahoo!パートナー
レビュー
69点
490万人 30代〜 恋活/婚活
ゼクシィ恋結び
DL/レビュー
65点
20代~ 恋活
PCMAX
DL/レビュー
55点
1,000万人 30代〜 出会い
アダルトOK
ハッピーメール
DL/レビュー
54点
1,600万人 30代〜 出会い
アダルトOK
1位.タップル誕生
ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
2位.ペアーズ
ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
3位.ウィズ
ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
4位.オミアイ
ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
5位.ティンダー
┣ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
7位.Yahoo!パートナー
┣ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
8位.ゼクシィ恋結び
ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
10位.ハッピーメール
ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談