マッチングアプリでメッセージのやりとりが続く話題12選

マッチングアプリで理想の相手と出会うには、メッセージのやり取りをして相手のことをよく知ることが大事です。

マッチングアプリに慣れないうちは、どんな話題を振ったらいいかわからなくなることもあるでしょう。

マッチングはするのに会話が続かないという人や、メッセージの2通目からどんな話題を振ったらいいかわからないという人向けに、おすすめの話題の見つけ方を解説します。

プロフィールを見れば話題は簡単に見つかる

プロフィールにはさまざまな情報が記載されています。相手のプロフィールをよくチェックして、興味を持ってくれそうな話題を振ることが基本です。

相手のプロフィールには、話題のヒントになる情報がたくさん含まれています。会話が続きやすい話題をいくつかご紹介します。

趣味についての話題

趣味の話題は盛り上がる話題のひとつです。しかし、中にはあまり趣味に力を入れていない人もいます。

相手の趣味について具体的な記載がない場合、自分がどんなことを趣味にしているかを話題にして会話の糸口をつかむといいでしょう。

仕事についての話題

仕事についての話題は活動時間帯や休日の話題へとつなげることができます。

仕事の話題からメッセージのやりとりをしやすい時間帯を探ることもできるため、積極的に話題にするといいでしょう。

出身地についての話題

出身地を持たない人はいません。出身地はすべての人に共通した話題であるため、盛り上がりやすい話題だといえます。

マッチングした相手が同郷なら、さらに会話が弾むことでしょう。

休日の過ごし方についての話題

休日に関する話題も多くの人に共通する話題です。

「休日に何もすることがない」という話題であっても構いません。「休日にこんなことをやってみたい」という話題へと変えていけば、会話が続きやすくなります。

1通目のメッセージにおすすめな話題

1通目のメッセージは第一印象を左右する大事な部分です。

相手から「いいね」をもらったのであれば「いいねありがとうございます。〇〇と申します」というように、メッセージの冒頭でお礼と名前を告げると丁寧です。

1通目のメッセージでは、相手のどんなところに興味を抱いたのかを話題にすると、その後のやりとりがスムーズです。

例をあげると「私もテニスが趣味なので気が合いそうだなと思いました。始めたばかりですが、週末は大体テニスしにいってます。〇〇さんはテニス歴長いんですか?」のようなメッセージがあてはまります。

2通目以降のメッセージでの話題の運び方

1通目のメッセージのやりとりを終えた後、次にどんな話題を振ればいいのかわからないという場合は、どんな話題なら今後の展開が期待できるかを考えてみましょう。

マッチングアプリを使用する目的を考え、話題に広がりを持たせることが大事です。

つまり「この人とお付き合いしたらどんな日常が待っているのだろう?」と出会った後の付き合いを想像させることが、マッチングアプリでの話題選びのポイントになります。

共通する話題を掘り下げればメッセージのやりとりは続く

マッチングアプリでは、お互いの共通点を話題にすると効果的です。趣味や出身地など、共通する項目があるなら、積極的に話題にしましょう。

共通する好きなものがあるなら、話題を掘り下げやすく会話も弾みます。

たとえば、相手のプロフィールに「おいしいものが好き」と記載されていたら「私も〇〇さんと一緒でおいしいものが好きです。最近カフェ巡りにハマってるんですが、〇〇さんはカフェに行くことはありますか?」というように話題を広げていきましょう。

「よくカフェへ行く」という返事なら、どんなカフェへ行っているのかという点を聞いていくことで話題がふくらみます。

相手がカフェには全然いかないという場合でも、普段よく行く店やどんな店が好きか聞いていけば相手の嗜好をつかむことができます。

マッチングアプリのメッセージ機能を使いこなそう

マッチングアプリにはさまざまな種類がありますが、中には共通の話題探しに優れたアプリもあります。

たとえば、withはメッセージを送りたい相手との共通項を簡単にチェックできるシステムです。

withの人気コンテンツであるメンタリストDaigo監修による心理テストを利用すれば、性格が合いそうな相手を一目で見分けることができます。

心理テストによってメッセージを送りたい相手が興味を持っていることを把握しやすい点がおすすめです。

心理テストの結果、相性がいいことが判明すれば「メッセージ付きいいね」を無料で送れます。効果的なメッセージを送ることができればマッチングの確率も上がります。

メッセージのやりとりが続く話題の広げ方のポイント

話題の表面だけでなく、内容を掘り下げていくと話題が広がりやすくなります。マッチングしたいと感じた相手には、聞いてみたいことがたくさんあるはずです。

たくさん会話をしたいと考えていても、相手への質問の仕方を間違えてしまうと話題が続かないことがあります。

話題が見つかっても会話の広げ方がいまいちよくわからないという人向けに、話題の広げ方のテクニックや注意点をご紹介します。

質問の仕方に注意しよう

マッチングした相手と長く会話を続けたいと思っても、思ったように返信が返ってこないことがあります。

メッセージが既読にもかかわらず、なかなか返事が返って来ない理由は何を返信したらいいかわからないからです。

たとえば「今、ハマっていることはありますか?」と尋ねたとします。

会話好きな人やマッチングアプリでのやりとりに慣れている人は、自分の情報をどの程度まで出してOKなのかという線引きがわかっていますが、慣れていない人にとっては難しい質問です。

まだ相手のことをどんな人物か計りかねている状態では正直に答えにくいこともあります。

たとえば、漫画やゲームにハマっていたとしても「マニアック過ぎると思われないかな?」と、考えて素直に答えることに躊躇してしまいがちです。

個人差はありますが、メッセージをやりとりし始めてすぐの段階では、まだお互いに対する警戒心があります。

そのため、質問するときは答えやすい聞き方をしてあげることが重要です。

最初はイエスかノーで答えやすい質問をぶつける

休日の過ごし方を話題に選んだとします。相手が何をして過ごしているかわからない場合は「私は最近、休日に家で映画を見ることが多いです。〇〇さんは、休日は家と外どちらで過ごす機会が多いですか?」というように、相手が答えやすい質問をぶつけましょう。

家か外という2択の質問なので迷うことなく答えることができ、次の会話へ発展しやすくなります。

ネガティブな返事を返さない

仲良くなった後ならネガティブな話題や嫌いなものの話題であっても盛り上がることができますが、相手がどんなことに興味を持っているのかわからない最初のうちは避けた方が無難です。

相手の質問に対してネガティブな返答をしてしまうと、次の話題に進みにくかったり返答しにくかったりします。

たとえば「スキーに興味ありますか?」という質問に対して「寒いところが苦手なのでスキーは興味ないです」と返答してしまうと、ネガティブなイメージしかわきません。

しかし「寒いところよりも温かい場所が得意なので、マリンスポーツに興味があります」と答えればポジティブな印象になり、興味を持ってもらいやすくなります。

話題が出尽くしたと感じたら次へ進むタイミング

マッチングアプリのやりとりでお互いに知りたいことを知り尽くし、これ以上話題が出てこない状態になったら無理に話題を探す必要はありません。

どれくらいメッセージのやりとりをすれば満足するかには個人差があります。たくさん会話したいという人もいれば、少しの情報があれば満足という人もいることでしょう。

時機を間違えると、理想の相手を逃がすこともあります。マッチングアプリの会話で気が合いそうだと感じられたら、次のステップへ進むことを考えてはいかがでしょうか。


このサイトの使い方

ランキング比較表

アプリ オススメ度 安全性 会員数 主な年齢層 特徴
タップル誕生
DL/レビュー
98点
200万人 20代~ 恋活メイン
ペアーズ
DL/レビュー
96点
600万人 20代~ 婚活&恋活
ウィズ
DL/レビュー
93点
20代~ 婚活メイン
オミアイ
DL/レビュー
88点
250万人 30代 恋活/婚活
ティンダー
レビュー
78点
20代 恋活
mimi
DL/レビュー
77点
20代 恋活
Yahoo!パートナー
レビュー
69点
490万人 30代〜 恋活/婚活
ゼクシィ恋結び
DL/レビュー
65点
20代~ 恋活
PCMAX
DL/レビュー
55点
1,000万人 30代〜 出会い
アダルトOK
ハッピーメール
DL/レビュー
54点
1,600万人 30代〜 出会い
アダルトOK
1位.タップル誕生
ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
2位.ペアーズ
ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
3位.ウィズ
ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
4位.オミアイ
ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
5位.ティンダー
┣ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
7位.Yahoo!パートナー
┣ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
8位.ゼクシィ恋結び
ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
10位.ハッピーメール
ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談