彼氏が欲しいなら合コンよりマッチングアプリが効率的!おすすめアプリも紹介

少し前まで、出会いといえばすなわち合コンでした。しかし最近では、マッチングアプリを使って彼氏を探す女性も増えています。なぜ彼女たちはマッチングアプリを選んだのでしょうか。マッチングアプリと合コンでは、どちらが理想の彼氏に出会える確率が高いのでしょうか。

マッチングアプリと合コン、それぞれのメリットとデメリットを詳しくご説明いたします。

合コンのメリットとデメリット

友達のその友達を集めて行うのが合コンです。大勢で集まっての飲み会は、やはり楽しいですよね。でも合コンは、必ずしも恋愛にはつながらないという話も……。

合コンのメリット

・相手の身元を心配しなくていい
合コンのメリットとしてまず考えられるのはこれです。参加者は皆友達の友達、あるいは知り合いですから、そうそうおかしな人はいません。最初から、相手の趣味や職業、ある程度は性格も把握できているのが合コンのいいところです。

・友達と一緒なので安心
マッチングアプリでの出会いは基本的に一対一です。初対面の男性とは緊張して話せないという女性にとっては、大勢でわいわい話せる合コンのほうが気楽なはず。話題につまることがあっても、誰かが助け舟を出してくれる可能性もあります。乾杯をしたりゲームをしたり、雰囲気を盛り上げる工夫がたくさんできるのは、合コンならではのメリットです。

・「やっぱり飲み会が好き」なら合コン
お酒があって、たくさんしゃべれて、そんな飲み会の雰囲気が好きというなら、やっぱり合コンに勝るものはありません。グルメな女性、素敵なお店に行くのが好きという女性にとっても、合コンは楽しいものになるでしょう。

合コンのデメリット

・交友関係には限界がある
合コンは、セッティングしてくれる人なくては始まりません。交友関係が広い人が周りにいるのならともかく、ある程度固定された人間関係の中にいる場合には、新しい出会いを探すことはなかなか困難になります。

また、友達がいない人、少ない人は、合コンに参加すること自体が難しいこともあります。

・必ずしも趣味の合う相手ではない
恋人がいない人が、その理由として一番に挙げるのは「出会いがない」、これなんです。実際に、普段の生活で、彼女がおらず、恋人が欲しいと思っていて、そこそこの容姿と性格で、年齢も趣味も合う、そんな人に出会うことはめったにありません。

合コンでもそれは同じで、友達の友達という狭い縁の中から、自分に合う人と出会える確率はそう高くはないんです。合コンに出て「今日もイマイチだった」と感じたことは少なくないはずですよ。

・大勢の中で自分をアピールできる?
2対2、3対3、あるいはもっと大人数がいる席で、自分をアピールできますか?合コンで一番残念なのは、素敵な人と必ずしもじっくり話せるわけではないということ。

もちろん、合コンをうまくやるためのテクはいろいろありますが、そもそも大勢での飲み会が苦手な人にはどうしようもありません。合コンではいつも存在が埋もれてしまうという女性は、思い切って別の手段を探してみるのもひとつの手です。

マッチングアプリのメリットとデメリット

マッチングアプリのメリット

・条件的にぴったりの相手と出会える
マッチングアプリでは、条件を設定して相手を探すことができます。たとえば趣味。音楽が好きで、ライブに一緒に行ってもらえる人を探したいなら、音楽が好きな人を探すとか、コミュニティに入るとか、いろいろな方法があります。

さらにメッセージのやり取りで、どんなミュージシャンが好きか、どんなライブに行くのか、確認することもできます。会わなければ相手のことがわからないという不安定要素がないのが、マッチングアプリのメリットです。

・たくさんの人と知り合える
合コンも、いい加減ネタが尽きてきたな。そんな風に思ったことはありませんか。合コン相手を探すにも、交友関係には限りがあります。

その点マッチングアプリなら、実生活では会うこともないたくさんの人と知り合う機会が生まれます。思いのほか素敵な人がいたりして、超ラッキーにめぐり会えることもよくあるのです。

・恋愛に前向きな人を探せる
マッチングアプリを使う女性がよく口にするのは「マッチングアプリはコスパがいい」ということです。

合コンでは、出会った相手が必ずしも恋人を探しているとは限りません。楽しく飲みたい人や、人数合わせで呼ばれた人も混じっているのが現実です。しかしマッチングアプリなら、条件設定で「恋愛に前向き」な人を前もって選ぶことができます。目的に応じた出会いができるのも、マッチングアプリならではですね。

・一対一でじっくり話せる
合コンで、大勢で話すのが苦手な女性には、マッチングアプリは絶対的におすすめです。コミュニティはいろんな人が参加していますが、メッセージでやり取りするのは必ず一対一です。相手がどんな人なのか、わかるまでじっくり話せるのがマッチングアプリのいいところ。

初対面の人とはうまく話せないコミュ障の人にとっても、最初のコミュニケーションがメッセージというのは気楽に感じられるはずです。

マッチングアプリのデメリット

・相手の素性は会うまでわからない
メッセージのやり取りをして、ある程度わかったつもりにはなっていても、やっぱり失敗だったなんて例が皆無でもないのがマッチングアプリの残念な点です。

この場合、相手があからさまにこちらをだまそうとしていた例や、オンラインではいい人っぽく思えたけどやっぱりだめだった、という二つのパターンがあります。

職業や年齢を詐称していたり、ヤリモクだったりした場合には、帰ってから運営に連絡しておきましょう。身元を偽っているアカウントは、停止になる可能性があります。また、なんとなくだめだったと感じた場合は、多忙を装うなどしてさりげなくフェイドアウトを試みましょう。もしくは、出会いを広げるために協力を頼むかです。そのやり方は後でご紹介します。

・写真はやっぱり大事
アプリを開いてまず目にするのは、たくさんの顔写真です。この中から選ばれるわけですから、やっぱり写真は大切です。容姿に自信があればいいですが、そうでない場合はちょっと厳しいですよね。

そんなときは、つぶやきやプロフィールを工夫するなどして、自分を知ってもらえる努力をしてみましょう。

マッチングアプリ出合コン相手を探す方法

出会いを合コンにつなげる

実際に会った相手が、必ずしも自分の理想どおりとは限りません。恋愛は特別な人とするから特別なのであって、多少の空振りも仕方がないと心得ましょう。

しかし無駄に終わらせる手はありません。相手の男性と仲良くなって、友達を紹介してもらえるよう頼んでみてはいかがでしょうか。合コンをお願いするのです。

こちらがビビッときてないわけですから、相手も同じように感じている可能性も大です。その場合、合コンのお誘いは相手にとってもメリットのある提案となります。

お互いの友達を紹介しあって、その中からカップルが生まれることも珍しくはありません。

プロフィールに「飲み仲間募集」と明記しておく

マッチングアプリの検索条件には、恋愛に対して前向きか、友達を募集しているのか、チェックする項目があります。つまりマッチングアプリには、恋人を探す人だけが集まっているわけではないということ。

合コン相手をアプリで探したい女性は、プロフィールに「飲み仲間を探しています」と書いてみましょう。また、同じような書き込みのある男性に声をかけてみることもできます。うまく使えば、ある程度条件で選べる、実生活で会えない人と出会えるといったマッチングアプリの特性を、合コンにも活かすことができますよ。

「マッチングアプリはコスパがいい」は真実だった

合コンは楽しいですが、得意な女性ばかりでもないでしょう。そもそも出会いがない人にとっては、合コンに参加することさえ難しいのが現状です。

マッチングアプリなら、そんな現実もあっさり打ち破ってくれるでしょう。アプリで素敵な合コン相手を探してください。


このサイトの使い方

ランキング比較表

アプリ オススメ度 安全性 会員数 主な年齢層 特徴
タップル誕生
DL/レビュー
98点
200万人 20代~ 恋活メイン
ペアーズ
DL/レビュー
96点
600万人 20代~ 婚活&恋活
ウィズ
DL/レビュー
93点
20代~ 婚活メイン
オミアイ
DL/レビュー
88点
250万人 30代 恋活/婚活
ティンダー
レビュー
78点
20代 恋活
mimi
DL/レビュー
77点
20代 恋活
Yahoo!パートナー
レビュー
69点
490万人 30代〜 恋活/婚活
ゼクシィ恋結び
DL/レビュー
65点
20代~ 恋活
PCMAX
DL/レビュー
55点
1,000万人 30代〜 出会い
アダルトOK
ハッピーメール
DL/レビュー
54点
1,600万人 30代〜 出会い
アダルトOK
1位.タップル誕生
ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
2位.ペアーズ
ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
3位.ウィズ
ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
4位.オミアイ
ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
5位.ティンダー
┣ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
7位.Yahoo!パートナー
┣ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
8位.ゼクシィ恋結び
ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談
10位.ハッピーメール
ダウンロード
レビュー
口コミ
体験談